HERCULES(ハーキュレス)のギタースタンド、GS414かGS415のどちらを買うべきか?違いと感想

音楽

GS414とGS415の違い

2020年6月現在で販売されている、HERCULES(ハーキュレス)※ヘラクレスとも。
のギタースタンドですが、

GS414B PLUS
GS415B PLUS

のどちらかで迷うと思います。

大きな違いはパッと見わかりませんが
415は、ネックホルダー部分が折り畳みができます。


頻繁に持ち運びする方は415で、それ以外は414かなと思います。

415B PLUSを購入した、もう一つの理由。

なるべく垂直状態でギターを置きたい。

楽器屋さんで見かけるギターは、基本的に壁掛けになってますよね。
ギターにとって吊り下げ(首吊り)の状態が一番良いからです。

そこで自宅でも安心のハーキュレススタンドが登場ですが、414と415では折り畳める以外に少し違いがあります。

414より、415の方が垂直維持できる。気がする。

415は、折り畳み出来る仕様の為なのか、ネックホルダー部分が前に長い。
414はそのまま。

こちらは414

そして415

415の方が、首が前に出てくる分、垂直に近づく!(気がした)

まぁ、本当に誤差だとは思いますが・・・

スタンドをケチると、泣きを見るぞ!

どこにでもあるような、数百円で買えるギタースタンドを使うのは辞めた方が良いです。

僕はギタリスト歴15年程ですが、ライブハウスでも数年間働いていました。

ギターが倒れ、ネックが折れてしまう人を沢山見てきました。
(僕もやったことあります)

ネックリペアも決して安くはないです。
今後の事を考え、保険だと思ってハーキュレスを購入し、スタジオやライブハウスなどに持ち込みするのをオススメします。

僕の場合はそれで一度ネックも心も折れたので、常にハーキュレスを持ち込みしていました。

最近のスタジオやライブハウスでは、ハーキュレスを置いてる所も多く見られますが・・・、大切なギターの為です。

一か八かより、安心、安定、確実に持ち込みすることをオススメします。

ということで、僕はやっぱり415がオススメかなぁ

ちなみに、415のネックホルダー部分は折り畳みでも、金属でしっかり固定されるので壊れる心配はありませんよ!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Comment

タイトルとURLをコピーしました