【迷ったらこれ】元ライブハウス店員がオススメするマイク【配信やレコーディングにも】

音楽

皆さんこんにちは!こんばんわ、おはようございます!TKBYS BLOGです。
今回は、バンドでの使用はもちろん、配信やレコーディングなど万能に使える伝説のマイクをご紹介します。

絶対に1本は持っておきたい、SHURE BETA-58 A

もう定番中のド定番ではありますが、SHURE BETA58A。神マイクです。
ボーカルはもちろん、プロがレコーディングにも使うマイクでして、とりあえずこれ一本あれば大丈夫です。

逆に言うと、「とりあえず」では、これ以外のマイクをオススメ出来ないです。
個人の声質や場面、使用機材などで、かたよりが激しいので、想定できる大体のこと全てに万能なマイクがBETA58A以外存在しないからです。(まぁあくまでも僕の経験上ですけどね)

癖がなく、パワフルで、本当に何にでも使える万能マイクですかね。


後々、ダイナミックよりコンデンサーかな・・・?とか、自分の声質に対して・・・など、プロと一緒にレコーディングする時や、ガチガチに突き詰める時がもし来たら、専門分野の人と相談して、その時の自分の声質に合うマイクを購入するべきです。



それでも、BETA58Aは持っておいて損が無い一本です。
もし新しく別の種類のマイクを購入したとしても、BETA58Aだけは腐らないんですよね〜
レコーディングのときに貸して欲しい。とか普通に言われるし、数が足りない!なんてこともあります。

とにかく、最初の一本にはもってこいで、ずーーーーっと使えるマイクです。



少し余談ですが
音楽業界でよく使われる、いわゆる「シュアーのゴッパー」は、BETA-58a のことを差します。

「SM-58」と「BETA-58a」がありますが、「BETA-58a」が上位モデルになります。
決してSM58が駄目というわけではありませんが、BETA58a より安価の為、数が必要な場合にSM58を取り入れている現場がほとんどです。

SM-58とBETA-58Aの決定的な違いは、出力にあります。
BETA58Aの方が4dB出力が大きいとのことで、よりパワフルになります。

「BETA58A」と「BETA58A-X」

上記にあるのが、BETA-58Aです。

こちら↓がBETA58 A-X

何が違うのかというと、単純に、新モデルってだけです。
58A-Xの方を購入しても、パッケージには58-Aと書かれていたりするようです。
マイク自体の性能は一緒なので、心配ご無用です。

要するに、名前が変わっただけ

最後に・・・マイマイクの必要性

Beta58を使い続けて10年以上。壊れることも無く、永遠の相棒として長く使用しています。
最後にマイマイクの必要性と、実際に僕が買うことになったキッカケを記述しておきます。

一番の理由は、衛生的なこと。
最近はコロナウイルスのこともありますし、確実に必要性が高まっていますね。

昔のライブハウスやスタジオって、1日でマイクは使いまわしが普通でした。
「マイクが臭い・・・」なんてことも普通にありますよ。
元ライブハウススタッフの僕は、これが理由でマイマイクを購入することにw


このご時世の事を考えると、あなたが例えボーカルでは無くコーラスで使用するだけでも自分専用のマイクはあったほうが良いですね!

マイクの口が触れる部分(グリル)ですが、回すと取り外しができて、中に黒いスポンジみたいなのが入っています。
マイク使用後はこれを洗いましょう!
普通に洗剤で洗ってしまって大丈夫です。
(好きな匂いの柔軟剤を入れて、香りを謎に楽しんでたりしてました)

一つを乾かしている間に、もう一つを使用する感じのループで使えるので、追加で購入しておくと楽です。



ということで、今回は万能マイクSHURE58Aの紹介でした〜
ぜひ使ってみてくださいね!
see ya









Comment

タイトルとURLをコピーしました