【ライブ配信や宅録に使う、おすすめマイク】オーディオテクニカ AT2020、AKG P220【どっちが良いか比較する】

Youtube

どうも皆さんこんにちは、こんばんわ。おはようございます!
TKBYSです。

1万円台で購入出来る、コンデンサーマイク
「audio-technica AT2020」って、ライブ配信者が増えてるおかげでめっちゃ人気な商品ですよね!
オーディオテクニカ社の製品って、基本ハズレが無くて人気です。

それと同価格帯で、コンデンサーマイク界のレジェンド(少なくとも僕はそう思う)AKG社からも「P220」というマイクが発売されています。

AKG P220の方が、ノイズが少ない

以下の動画を、ヘッドフォンでボリュームを上げて聞いてみてください。
動画は英語ですが、同じ環境化でコンペアしてくれています。

AKG P220 vs. Audio Technica 2020 | VO Mic Comparison

わかりましたでしょうか?

オーディオテクニカのAT2020の場合、声の後ろあたりに、「サーーーッ」とホワイトノイズが入っているに対し、AKGのP220はそれが目立ちません。

音質ですが、AT2020は抜けが良くハッキリしています。
それに対し、P220はクリアな音です。

まぁ音質って人の好みも入ってきそうなので深くは言いませんが、ノイズが少ないのはP220です。

音楽スタジオで、プロの使用率が高い

音楽をやっている人に
Q、「コンデンサーマイクと言えば?」
A、「AKG、アカゲ、エーケージー、アーカーゲー」
と大体なります。

1947年にオーストリア・ウィーンで設立された、歴史も実力もある音響メーカーで、世界一有名なバンド、ビートルズもレコーディングやセッションに使っています。

冒頭で僕が「コンデンサーマイク界のレジェンド」と書いたのはこういう理由なのですが、ザックリ言うとAKGはマジで音が良いです。(そして、値段が高いw)

コスパ重視するなら、P220

もう、P220の回し者みたいになってきていますね。
でも、コスパ重視するとしてもAT2020よりP220なのです。

AKGのP220には純正のショックマウントが付いてきます。
(憧れの専用マイクケースも)


※ショックマウント

ショックマウントが無いとコンデンサーマイクはまず使えないので必須品です。

コンデンサーマイクって、何かにぶつけたりすると普通に壊れるレベルに感度が高いです。
そんな感度の高いマイクを、普通にマイクスタンド・アームに取り付けると振動をモロに受けてしまいます。
そこで、ショックマウントを使ってマイクへの振動を無くすわけです。

要するに、凄く大事なのでテキトーに買うのはNG


オーディオテクニカのAT2020にはショックマウントは付いてきません。


AKGのP220には、しっかりしたショックマウントが付いてきますので、結局コスパもこちらのほうが良くなってきます。

最後に、テクニカも好きよ!

オーディオテクニカと言えば、日本の音響メーカーですが、製品にハズレが無いので僕も愛用しています!
が、同価格帯で何故か埋もれがちのAKG P220。
レビュー数とか、オススメが気になるのはわかりますが・・・w

コンデンサーマイクはやっぱAKGだなぁと。

そういうわけです!ではsee ya

Comment

タイトルとURLをコピーしました