【ライブハウスやスタジオで使用】音楽用の電源コード(タップ)【ノイズ軽減フィルター付き】FURMAN/SS-6B

音楽

こんにちは、こんばんわ。おはようございます!タクバヤシです。

前回の記事はパワーサプライについて書いてみましたが、今回は延長コード!
いや、正しくは・・・パワーディストリビューター!!

はい、音楽機材用の電源タップですね。

「独立型パワーサプライをせっかく導入するのなら、電源タップも導入せねば!」
ということで、ドン・キホーテに見にいきましたが売っていませんでした。



【独立型パワーサプライ】前回の記事はコチラ↓

音楽スタジオやライブハウスで使われる電源コード

筆者の僕は、昔ツアーバンドを組みながら、普段はライブハウスの店員でした。

「音楽スタジオや、ライブハウスで使われている電源コード」

なんて、真っ赤なウソでございます。



ライブハウスやスタジオでも、ホームセンターに売っているような普通の、いわゆる家庭用電源コードを使用しているのがほとんどですよ。



「えっ!?じゃあ音楽用なんて嘘ってことですか?」
「謳い文句的な?」


いいえ、音楽用の電源タップは存在します。


高いから、導入出来ないのです。


スタジオやライブハウスの電源タップの数、半端じゃないんですよ。
さらにはケーブルの長さも必要で、全てを音楽用に変えるなんて無茶苦茶高価になります。
高いといっても、家庭用電源コードを3〜5本買えば、音楽用を1つ買える程ですが。

値段は普通に3,4倍、長さによってはそれ以上するので、導入しているところは本当に少ないです。
恐らく、ホール級のガチガチな音響設備のステージぐらいじゃないと普通には使われていません。

FURMAN(ファーマン)SS-6Bを導入

音楽用の電源コード(タップ) で一番有名なのはFURMAN(ファーマン)のSS-6Bでしょう。
プロのギタリストやベーシストの足元(エフェクターボード内)に導入している人もいます。


※「SS-6」と「SS-6B」がありますが、基本スペックは同じです。

「SS-6」は6個口が縦一列、「SS-6B」は3個口が2列です。
ケーブルの長さはどちらも4.5m。


ACアダプター自体が大きかったり、横長の物が多いので、ギタリストやベーシストは「SS-6B」の使用が多いみたいです。


ライブハウスの電源コード全てをファーマンに変えるのは無茶苦茶な話ですが・・・
個人で1つ買うぐらいなら、エフェクター1つ買うより安いです。

✔家庭用と、音楽用の決定的な違い

家庭用でも全然使えるし、別にノイズが気になったりすることも特にありませんが・・・

パワーサプライの記事でも触れましたが、音楽をする人にとってノイズは天敵です。
ノイズ発生の可能性を1%でも下げたい。
いや、下げなきゃいけない!!


FURMANの電源コード(タップ)には、電磁波、電波が原因のノイズを削減するEMI/RFIノイズフィルター、サーキットブレーカーが搭載されています。

最後に、「実際に使用した感想」

イカツイ。デカイ。少し重い。ケーブル太い!w

ですが・・


んまじで、ノイズレス!!!!

皆様もご検討あれ!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Comment

タイトルとURLをコピーしました