【アンプ直とエフェクター】アンプ2台!両方を同時に使う方法【エフェクターボード公開】

音楽

こんにちは、こんばんわ。おはようございます!タクバヤシです。

前回の記事では、僕の直アン魂による黒歴史を書きました。
エフェクターの必要性も同記事に書いたのですが、今回は・・・

直アンサウンドエフェクターサウンドを同時に使う方法をご紹介。


エフェクターの必要性と直アン魂、僕の黒歴史は以下の記事を参考にしてくださいw



少し考えればすぐに答えは出るのですが、アホな僕は他の人より時間がかかりました・・・
何より、エフェクターを今まで一度も踏んでこなかったので無知だったんです。

人生初、エフェクターボード公開

ひと目みれば、「あーそういうことね」ってなる人は沢山おられると思います。
同時に、「は?www」ってなる人も沢山おられると思いますw



このエフェクターボードでは、一体何が出来るかというと

1本のギターから、アンプ2台同時に音を出すことが可能です。

2台同時って結構普通に使われたりするので、堂々と書くのもあれですがw


大前提として
バンドは3ピース編成で、僕はギターボーカル。

・アンプ直サウンドは絶対に必要(ここは譲れない)
・曲によって音色を分けたい

・なるべく安価で揃える(全て中古)


正直、もう1人ギターが居ればその人がエフェクターを踏んで、雰囲気を作ってくれるのでそれで解決なのですが、僕は3ピース編成が好きなのです。

なので、歌いながら一人二役しなきゃいけないわけです。
(ボーカル、ギター①、ギター②を一人で演るわけなので、実際は一人三役ですね。)

まぁ、全然普通にあることなので自然っちゃ自然なことです。

順番に解説

①ジャンクションボックス(Limetone Audio/JCB-4SM)
②ABYセレクター(Electro-Harmonix/SWITH BLADE+)
②-1チューナー(KORG)
②-A →Marshall JCM900へOUT

③ピッチシフター(DigiTech/Whammy5)
④スイッチャー(CAJ/Loop and Link Ⅱ)
-Loop1-フェイザー(MXR/Phase90モディファイ)
-Loop2-ディストーション(Effects Bakery)
-Loop3-ファズ(Effects Bakery)
-Loop4-チューブスクリーマー(Ibanez/TS808)
-Loop5-ディレイ(Effects Bakery)
⑤ルーパー(BOSS/RC-2)
⑤-1フットスイッチ(BOSS/FS-5U)
→JC120へOUT


物凄くシンプルなはずが、数字を振ると結構ぐちゃぐちゃですね。

ギター→ジャンクションボックス→ABYセレクター
ABYセレクター(A)→JCM900へ
ABYセレクター(B)→エフェクター→JC120へ
A+Bの同時出力も可能


これで
Marshall側は直アンプで歪み(厳密にはアンプ直ではないけど仕方ない)
ジャズコーラス側はエフェクターサウンド(クリーン)
どっちかだけを出してもよし、2台同時で出してもよし。

みたいなことができるわけですね!


目的としては、3ピースなのにギターが二人居るような感覚にしたい。
音の厚みも出るし、殆どの曲でアンプ二台同時稼働かなと思います。
(JCM900側はザクザクの歪みではなく完全にクランチ寄りのクリーン)

ABYセレクターで2台同時が可能!

このエフェクターボードで核となるのが、このEHXのSwitchblade Plusです。

ABセレクターは、アンプAとアンプBを切り替える物。
ABYセレクターは、アンプAとアンプBの切り替えも出来て、アンプAとアンプBを同時に出力できる。

アンプ2台だと立体感が出るし、ギターが一人しか居ないバンドのギタリストさんにはオススメです!

一番悩んだのは、ジャンクションボックス

これは、マジで悩みました。
理由は、ジャンクションボックスで音が変わるからです。

バッファーを搭載しているものがあったり、有名なところだとFree The Toneさんのジャンクションボックスだったり。

ただ、このLimetone Audioさんのジャンクションボックス、音の変化についてめちゃくちゃ追求して作り上げているそうで。
Youtubeでも活躍されている方なので有名なのですが、そのこだわりが僕の直アンプへのこだわりと似たような物を感じた為に購入。w


実際に、音の劣化というか変化は全然感じないです。
見た目もなんか可愛いし、めちゃくちゃ気に入ってます!



ちなみに・・・
ジャンクションボックスは、ケーブルの入り口と出口を一緒にするもの。です。
毎回スイッチャーやエフェクターを取り外してシールドを差して・・・なんてことをしないで良いので、セットアップの時間がマジでスーパー短縮されます。

最後に・・・「セオリー通りは面白くない!」

セオリー通りにエフェクターボードを組むことが全てでは無いので、自分で自由に音を作っていいと思います。

例えば今年亡くなったヴァン・ヘイレン。
モジュレーション系を歪みの前に入れて使っております。(僕もそうしてます)

エフェクターの接続順番は本当に悩むところですが、悩んでいる時って楽しいですよね!




最後に・・・
僕が大好きなEffects Bakeryのエフェクター達。
3500円程と安価ですが、侮らない方が良いですぞ!
見た目も可愛いですが・・・中身は爆発してますw

個人的にオススメなのは・・・
FUZZだな。

入力インピーダンスが500kΩなので、接続順番に悩まされることもないですよ!

オススメ!


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

Comment

タイトルとURLをコピーしました