【先端プラグが小さい!?】エフェクターボードによく使われるパッチケーブル【ソルダーレス】

音楽

こんにちは、こんばんわ。おはようございます!タクバヤシです!

最近はYoutubeでプロ・アマ問わず、エフェクターボード巡りの旅によく出ています。
皆さんボードにこだわっていますね〜!

綺麗に作り込まれたボードを見ると美学を感じ・・・
そして物欲をまた増幅させるという!


というわけで、今回はエフェクターボード(特にスイッチャーなど)によく使われている
先端のプラグが小さいケーブルについて。

ソルダーレス(はんだ無し)ケーブルで、スペースを確保!

エフェクターボード内に良く使われている、プラグが小さいケーブル。
(上記写真)

「ソルダーレスケーブル」と言います。

「はんだ(Solder)を使用しない(Less)ケーブル」というわけです。



ソルダーレスケーブルの特徴として

・その名の通り、はんだを使わない
・ケーブルの長さを自由に決められる
・プラグが小さい為、スペースを取らない

基本的に、簡単ですが自作しなければいけません。
(欲しい長さにケーブルを切断して(なるべく斜めにならないように)プラグに通し、ネジを締めるだけです。)



そして、SL両対応のプラグであれば、SSでもSLでもLLでも作ることが出来ます。


・・・・SS SL LL ??


プラグがストレートかL字か、です。

こちらが、SL

左のプラグがストレート(S)、右のプラグがL字になっています。
僕はBOSSのRC-2(ルーパー)とフットスイッチの接続に使っていました。

こちらがLL

どちらもL字型、良く見るパッチケーブルですね!
直列でエフェクターを接続するのに大活躍します。



SL両対応のものであれば、「こっちはストレートで、こっちはL字、どっちもL字」などバリエーションが増えます。


無駄なスペースが出来ないように、ケーブルを自分で作るのって楽しいですよ!

思ってるより、お高いです。

「ソルダーレスケーブルって、自作しなきゃいけないし普通のケーブルより安いんじゃね?」
って思っていたのですが、逆です。

普通のケーブルより、全然高いですヨw


プラグ1個、500〜700円します。

プラグ1個ですよ!?

一度計算してみましょう。

通常のエフェクター1個で、必要なプラグの数は2個(IN/OUT)です。
スイッチャーに繋いだ場合、スイッチャー側のSnd/Rtnを合わせて合計4個必要になります。


〜スイッチャーに、エフェクター5個をソルダーレスで繋げた場合〜

エフェクター5個(IN/OUT)必要なプラグ数=10個
スイッチャー側(Snd/Rtn)必要なプラグ数=10個
安く見積もって、プラグ1個500円計算だと

500円×20個=1万円なり。

1個500円という破格のプラグを見つけたとしても、別でケーブルも必要です。



スイッチャーとエフェクター以外にも、チューナー、ワウ、ジャンクションボックス、ボリュームペダル等・・・
自分が思っているよりケーブルの長さも、プラグの数も必要となります。

購入を考えている方は、
最悪ケーブルの長さを間違えても代用がきくように、長めに。
プラグの量も、今持っているエフェクターの数+2個ぐらいを目安に購入したいところ。







その前に。。ソルダーレスを導入しようと考えてる方は一度財布と相談してみましょう。




・・・・・・







だがしかし!!!!安く販売しているところがあるはずだ!!!

安価で良質。評判の良いオススメ「ソルダーレスケーブル!!」

これぞ、迷えるソルダーレス旅路のエンディング。(?

「結」-MUSUBI- さんのソルダーレスケーブル!

上記写真は実際に購入した時のもの。手書きの手紙とピックまで付いてきました。
なんと。。。粋な!!!ファンになりました。

こちら↑、なんとSL両対応です。




↓こちらはケーブルとプラグのみで販売。SL両方対応です。


まさに、破格!!で、このクオリティでございます。
(実際に評価も高いです)

結-MUSUBI- ソルダーレスケーブルの「音質」について

正直、他のメーカーからも安価なソルダーレスケーブルは販売されつつあります。
高い物はとことん高いですがw

ただ、高いものを使えば音が良くなるとは言い切れないです。


逆に、あまりにも安いものだと断線しやすかったり、プラグ(金属の種類・加工)によりノイズ発生しやすかったりはします。


結-MUSUBI-さんの値段が一番ニーズに合っている。とだけは確実に言えます。
もちろん毎日使っていますがノイズ発生や断線などはありませんよ!
個人的には、今後もずーーっと使わせていただく予定です!(ファンですから!)



ブログの記事的には、「良質な音質!」と書きたいところなのですが・・・

エフェクターボードを組んだ後、ソルダーレスだけ(同じ長さに切って作って)接続しなおして、音質比較!なんてお金も時間もかかるし、なにより手間がかかりすぎます。
エフェクターの数も数ですし。
(それをしても音質の変化が劇的でない限り、比較して何が違うのかを理解するまで数ヶ月はかかりそう。)


ニーズに合った値段で、安心、安定。なによりカッコいい!!
そんな結-MUSUBI-さんのソルダーレスケーブル。



皆さんも、是非ご検討あれ!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Comment

タイトルとURLをコピーしました